髪が伸びにくくて毛が細い

髪が伸びにくくて毛が細い

m字ハゲは30代に起るハゲのことですが、m字ハゲ治療と同時に忘れてはならないのがAGA治療と対策です。m字ハゲ、AGAともに常に心がけていて早い対策で改善することをおススメします。m字ハゲにもAGAにも言えることですが、「なかなか髪の毛が伸びない・髪の毛が細くなった」ということがありますから、自分の髪の毛を注意してみていてください。

 

ウブ毛のように細く短くなったりハリやコシがなくなったと感じた時は育毛剤を使ったり育毛剤いりのシャンプーを使うのもおススメです。AGAが発症するのは思春期以降ですから、30代ともなれば当然AGAの心配も出てきます。AGAが疑われる症状には、頭頂部や生え際の髪の毛が薄くなりますが、側頭部や後頭部は薄くならないのが特徴で、この症状や髪の毛がなかなか伸びないとか細くなった場合は、念のため受診してみるのもおススメです。

 

遺伝子の検査をすると、どの程度AGAを発症するリスクが高いかがわかります。そして、なかなか髪の毛が伸びないとか髪の毛が細くなったなどで必用があればプロペシアなどでの治療が行われます。遺伝子の配列でAGAになりやすいかわかりますが、この配列は一生変化することはありません。

 

なんといっても早い対策が功を奏すのがAGAです。髪の毛が伸びなくなったとか細くなった以外にも、何か気になって不安になったときにはAGAクリニックなどで検査を受けてみることをおススメします。また、髪の毛が伸びるのが遅くなるとか細くなるのは抜け毛薄毛になる可能性が高いですから、生活習慣・食事・睡眠に注意をしてください。特に毛細胞の栄養不足も疑われますから、ビタミン・ミネラル(亜鉛・銅など)の摂取を心がけてください。上記を含む食品には、カキ、ウナギ、チーズ、ゴマ、アーモンドや大豆製品などがあります。

髪が伸びにくくて毛が細い関連ページ

生え際や頭頂部が薄くなっている
抜け毛が増えてきた