MENU

遺伝性かどうかの分析の視点

遺伝性かどうかの分析の視点について確認しておきましょう。
ありがたいことにm字はげもAGAも円形脱毛症のように急速には進みません。長い間に知らず知らずのうちに進行しますが、ただ、何らかのサインを送っていますから、その信号を見過ごすことなく正しい対策でm字ハゲやAGAを防ぐことをおススメします。

 

m字ハゲ治療や男性型脱毛症のAGAのチェックポイントとして「生え際や頭頂部が薄くなっている」というのがあります。AGAの場合、頭のてっぺんから薄くなるパターンと、生えぎわから薄くなるパターンがあります。二つのうち、頭頂部(頭のてっぺん)が薄くなってしまうパターで頭頂部は男性型脱毛症として薄くなりやすい部位の一つです。ただ、頭頂部の薄毛は回復しやすいと言われていますから、このサインを見逃さずに対策を立てることをおススメします。

 

頭頂部が薄くなるハゲは30代まではm字ハゲとなり、40代をすぎると一般的な薄毛に分類されます。生え際や頭頂部が薄くなっていることに気がついたら、食生活の改善や生活習慣の改善はもちろん育毛剤の使用をおススメします。また、育毛剤が含まれているシャンプーも販売されていますから、それもおススメです。

 

30代の女性で頭頂部の薄毛に悩んでいる人がいました。薄毛対策に良いと言われることは全て試しましたが一向に良くなりませんでした。諦めてお出かけの時にはウィッグを使用するようになったのですが、しばらくしたら薄毛が解決しました。

 

この女性のことから考えられるのは、ストレスもm字ハゲになりますし、そして気にするとさらに進むと言われていますが、この女性の場合はウィッグを被ることで人目が気にならなくなって、そしてストレスからきていた頭頂部の薄毛も解決したと思われます。もし、気にしてストレスになるようでしたら、お出かけの時はウィッグの使用をおススメします。

抜け毛が増えてきた

m字ハゲ治療もAGAの治療も早い対策がカギです。常に心がけてチェックしたいものですが、そのチェックポイントのひとつに「抜け毛が増えてきた」というのがあります。ただ抜け毛の原因は実にたくさんの原因があります。

 

抜け毛の原因には「円形脱毛症」や「脂漏性脱毛症」「薬物性脱毛症」「瘢痕性脱毛症」「粃糖性脱毛症」「感染症」などが原因して抜け毛になっている場合があります。上記の中でも、AGAとは違うとはっきりわかるものがあります。円形脱毛症は急速に症状が進みますし、瘢痕性脱毛症は怪我などが原因で起こります。薬物性脱毛症は薬の副作用で起こります。

 

自分の抜け毛の原因がはっきりわからないとき、AGAかどうかチェックする方法として次のようなことがあげられます。例えば「一気に抜け毛が増えた」とか「細く短い抜け毛が多い」「髪のボリュームが全体的に減った」あるいは「髪の毛が細くなった」「髪の毛が柔らかくコシがなくなった」、そして「髪のセットがしづらくなった」などの抜け毛はAGAの前兆が疑われます。

 

上記のような症状が出て心配なら皮膚科の受診をおススメします。また、AGA専門クリニックもありますからおススメです。AGAは早い対策がカギです。そして、上記の事がなんとなく気になるという程度でしたら、育毛剤の使用をおススメします。

 

現在は良い育毛剤も販売されていてそれなりに効果を上げています。ちなみに、シャンプーのときどうしてたくさん抜け毛がでるのかと不思議に思われた方もいると思いますが、日中も抜け毛は起っているのです。しかし、日中は抜けても整髪料の関係もあり他の髪の毛にくっついて落ちにくくなっているのです。

 

ところがシャンプーをするとほかの髪の毛にくっついたままというのがなくなりますから、それでシャンプーのときに抜け毛が多いと感じるのであって、シャンプーをするから抜けるのではありません。

髪が伸びにくくて毛が細い

m字ハゲは30代に起るハゲのことですが、m字ハゲ治療と同時に忘れてはならないのがAGA治療と対策です。m字ハゲ、AGAともに常に心がけていて早い対策で改善することをおススメします。m字ハゲにもAGAにも言えることですが、「なかなか髪の毛が伸びない・髪の毛が細くなった」ということがありますから、自分の髪の毛を注意してみていてください。

 

ウブ毛のように細く短くなったりハリやコシがなくなったと感じた時は育毛剤を使ったり育毛剤いりのシャンプーを使うのもおススメです。AGAが発症するのは思春期以降ですから、30代ともなれば当然AGAの心配も出てきます。AGAが疑われる症状には、頭頂部や生え際の髪の毛が薄くなりますが、側頭部や後頭部は薄くならないのが特徴で、この症状や髪の毛がなかなか伸びないとか細くなった場合は、念のため受診してみるのもおススメです。

 

遺伝子の検査をすると、どの程度AGAを発症するリスクが高いかがわかります。そして、なかなか髪の毛が伸びないとか髪の毛が細くなったなどで必用があればプロペシアなどでの治療が行われます。遺伝子の配列でAGAになりやすいかわかりますが、この配列は一生変化することはありません。

 

なんといっても早い対策が功を奏すのがAGAです。髪の毛が伸びなくなったとか細くなった以外にも、何か気になって不安になったときにはAGAクリニックなどで検査を受けてみることをおススメします。また、髪の毛が伸びるのが遅くなるとか細くなるのは抜け毛薄毛になる可能性が高いですから、生活習慣・食事・睡眠に注意をしてください。特に毛細胞の栄養不足も疑われますから、ビタミン・ミネラル(亜鉛・銅など)の摂取を心がけてください。上記を含む食品には、カキ、ウナギ、チーズ、ゴマ、アーモンドや大豆製品などがあります。